遥か星たちを見つめて

宝塚歌劇のこと、備忘録

凱旋門再演!!!

雪組本公演の、来年一作目の演目が決定しました。

=====

2018年 公演ラインアップ【宝塚大劇場東京宝塚劇場】<2018年6月~9月・雪組凱旋門』『Gato Bonito!!』>
2017/10/16

2018年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場】【東京宝塚劇場】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   
雪組公演
宝塚大劇場:2018年6月8日(金)~7月9日(月)
一般前売:2018年5月5日(土)
東京宝塚劇場:2018年7月27日(金)~9月2日(日)
一般前売:2018年6月24日(日)

ミュージカル・プレイ
凱旋門』-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-
脚本/柴田 侑宏 演出・振付/謝 珠栄
■主演・・・(専科)轟 悠、(雪組)望海 風斗、真彩 希帆

祖国を追われた亡命者たちが集う、第二次世界大戦前夜のパリ。ドイツから亡命してきた外科医ラヴィックは、友人ボリスに助けられながら、あてどなく仇敵を捜すだけの失意の日々の中で鮮烈な恋を見出す……。ラヴィックにとって生きる希望となるジョアンとの恋を軸に、過酷な運命に翻弄されながらも懸命に生きる人々の姿を、シャンソンをモチーフにした音楽を絡めて描き上げた作品。2000年に雪組で初演、主演を務めた轟悠文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞するなど、絶賛を博した傑作ミュージカルの待望の再演となる。

ショー・パッショナブル
『Gato Bonito!!』~ガート・ボニート、美しい猫のような男~
作・演出/藤井 大介
■主演・・・(雪組)望海 風斗、真彩 希帆

ポルトガル語で“美しい猫”を意味する“Gato Bonito”。クールで気まぐれな性質、気品溢れるしなやかな身のこなしなど、猫からイメージされる姿を望海風斗率いる個性豊かな雪組生達に重ね合わせ、バラエティ豊かな場面で構成する華やかでドラマティックなラテン・ショー。宝塚歌劇ならではの、ゴージャスで熱い夢の世界をお楽しみ下さい。

=====

凱旋門再演!!
そして轟様降臨!!!!

轟さんのオリジナル主演作としては金字塔と言われる作品ですので、単純に再演は楽しみです。と、当然ラヴィックは轟さんですよね。今は身長の高い男役さんがずっと増えてきたので、大きさ、技術力(初演2番手はタータンさん)、持ち味と条件が揃ったところでの待望の再演だと思います。楽しみです。

という一面がありつつ。

轟様降臨ってことはトップにとっては主演の座と、多くの場合相手役も奪われるということでして、これはファン的にはなかなか辛いところです。せっかくトップになったのに…限られたトップ期間なのに…という。ついでに2番手以下の役もごそっと下がります。組子ファン全体にとって諸手を挙げて歓迎できない状況。

こういう事をもう15年ほど続けられてる訳ですが、その一方でその声を黙らせるだけの舞台、存在感を見せ続けてもいるわけです。さすがに轟さんも今年で大だ(ピーッ)なので大劇場のセンターに立つことはいつ最後になるか分からない状態。そんな時期に、自身のやり残した最後の代表作再演ともいえる演目です。何だかんだと注目です。

十年前ごろの轟様主演組回りではショーも出られていましたが、今回はお芝居のみでショーはなし。こちらは雪組に弾けきってもらいましょう。大介先生はだいぶ久々のはず。どう料理してくれるか楽しみです。

こっちゃんディナーショー

礼君の次の別箱はディナーショーに

 

ーーーーーーー

礼 真琴 ディナーショー
2017/10/13

<タイトル>
『未定』

<構成・演出>
中村 一徳

<出演者>
星組)礼 真琴 ほか

  
宝塚ホテル
<日時>
2018年2月12日(月・祝)・13日(火)
ディナー 18:30〜19:45/ショー 19:45〜20:45

<場所>
6階「宝寿の間」

<料金>
27,500円(税サ込)


  
第一ホテル東京
<日時>
2018年2月19日(月)・20日(火)
ディナー 18:15〜19:30/ショー 19:30〜20:30

<場所>
5階「ラ・ローズ」

<料金>
27,500円(税サ込)

ーーーーーーー

 

2番手として着々と実績を重ねているまこっちゃん、次はなんとディナーショーです。すごい。極上のエンターテイメントになるはずです。誰がコーラスメンバーに入るかも注目です。

そしてその裏では他の生徒さんたちが2番手や主演を務められるということに。このへんの売り出し方が星組は上手ですね。礼君に無理させて消耗させない(長く活躍してもらうためにも)という配慮でもあると思います。

 

 

ファラオ様のサロンコンサート

専科のチャル様のサロンコンサートの詳細が発表されました。

 

----------------

 

箙 かおる サロンコンサート開催について(追)
2017/10/06

※ポスター画像をアップ、タイトルが決定いたしました。

<タイトル>
『夢の扉』

<構成・演出>
中村 一徳

<出演者> 
(専科)箙 かおる   
宝塚ホテル

<日時>
2017年12月14日(木)
ディナー 18:30〜19:45/ショー 19:45〜20:45

<場所>
宝塚ホテル
「すみれの間」

<料金>
19,000円(税サ込)

<前売日>
2017年10月27日(金)10:00〜
発売日当日は特設電話にて受付けます。

 

f:id:violetrevue:20171007073739j:plain

 

----------------

 

 少し前にイゾラベッラでやっていた感じのサロンコンサートですが、イゾラベッラが周辺工事の関係で閉店してしまったので、タカホになったということですね。一時期上級生が頻繁にサロンコンサートをやっていましたが、歌が上手な生徒さんでまたやってほしいという気がします。

 

ポスターは拝みたくなるような感じ。

学年的にそろそろというところですし、お誕生日もコンサートと同じ12月なので、これが区切りになるのかもしれません。

 

谷先生&サイトーショー&初舞台生 星組ラインナップ発表

2017/10/06

2018年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場】【東京宝塚劇場】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   
星組公演
■主演・・・紅 ゆずる、綺咲 愛里

宝塚大劇場:2018年4月27日(金)〜6月4日(月)
一般前売:2018年3月24日(土)
東京宝塚劇場:2018年6月22日(金)〜7月22日(日)
一般前売:2018年5月20日(日)

RAKUGO MUSICAL
『ANOTHER WORLD』
作・演出/谷 正純

落語噺「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」「朝友(あさとも)」「死ぬなら、今」など死後の世界を舞台とした作品をちりばめ、“この世”と“あの世”を行き来して繰り広げる純愛冒険物語。個性豊かな星組メンバーによる、抱腹絶倒の落語ミュージカルをお届け致します。
大坂の両替商「誉田(こんだ)屋」の倅・康次郎が目覚めると、そこは“あの世”……康次郎は高津神社の境内で商家の嬢(いと)さん・お澄に一目惚れ、だが何処の嬢さんか判らぬままに恋患い、それはお澄も同様……恋患いで“あの世”へとやって来た二人。せめて“あの世”で結ばれようと、互いに愛しい人を探しての“あの世”旅が始まった。
艱難辛苦の末に巡り逢った二人。だがあろう事か、閻魔大王がお澄に横恋慕、康次郎ひとりに地獄行きの沙汰を下すのだった。果たして康次郎とお澄の恋の顛末は……。

 

タカラヅカ・ワンダーステージ
『Killer Rouge(キラー ルージュ)』
作・演出/齋藤 吉正

“Killer”とは、「素晴らしい」や「格好良い」、「魅了する人」等を意味する英語のスラング(俗語)。“Rouge(紅色)”をテーマカラーに、星組トップスター・紅ゆずるのエンターテイナーとしての多彩な魅力に迫ると共に、宝塚歌劇ならではの華やかでゴージャスな世界をお届け致します。
なお、宝塚大劇場公演は第104期初舞台生のお披露目公演となります。   

 

---------------

 

来年春の星組大劇場は谷先生&サイトー先生。そして104期生のお披露目公演です。

 

お芝居は谷先生の落語もの。これって日本物になるということでしょうか? 雪組幕末太陽傳みたいな認識ですが。

日本物は雪組!みたいな刷り込みがあるのですが、意外と星組さんも日本物の頻度は高いんですよね。先代、先先代、その前も大劇場で日本物やってますから。各組見渡してみると、宙組さん以外は時々日本物やってます。宙組だけ(大劇場では)日本物がない印象。愛ちゃん日舞得意らしかったり、ずんちゃんも日本物やりたいとどこかで言ってたの聞いたことありますし、ちょっと勿体無い気もしますね。

谷先生といえば皆殺しですが、今回はそれを逆手にとって、主人公が死んだ状態(あの世)からスタートです。先生本人もきっと「皆殺しの谷」呼ばわりされてることはご存知なんでしょう。

 

ショーはサイトー先生。もう何も言わずとも盛り盛りのサイトーショーになることでしょう。若手までスターを売り込むチャンスですね。

星組さんは秋に台湾公演があり、その前の大劇場公演がこの春の公演になるので、このショーで台湾に行くのかもしれません。

 

台湾公演があるので、2018年の星組さんのスケジュールは変則的。大劇場+東宝のあとは、秋口に梅芸メイン+青年館&バウでやり、1ヶ月おいて台湾公演。第1回、第2回の台湾公演では、日本国内で試演的な公演を行いましたが、今回はついに台湾でいきなり公演します。よりノウハウが溜まってきたということでもありますが、ファンとしては台湾に本当に行かないと観られないので、ちょっと大変かも知れません。

 

台湾前に1ヶ月あるので、梅芸の作品とは別の物になるはず。どんな作品になっていくのでしょうか。梅芸と台湾の裏で連続してバウ公演もあるので、こちらの主演も気になりますね。星組さん今バウでやりそうな人がちょっといないかも?もしかして早くもカイちゃんが次の主演をするとか。その下になるとポコマオ、しどりゅー、ぴーすけ、きわみくん(100期!)くらいしか新公主演経験者がいません。誰がきても驚きそう。W主演とかワークショップ形式とか?あるいは大穴でみっきいバウとか??

 

そして星組さんは来年、大劇場公演はこの1作のみ。再来年、2019年は大劇場お正月担当となりそうです。そこではもう紅さん4作目。そろそろトップ人生も後半戦ということになるでしょう。…って現実では2作目の公演が始まったばかりですが!早いもので…とかいいつつ再来年の話ですからね!!笑

 

初舞台公演は3月の宙組の方じゃないんですね。

いまスカステの音校CMに出ているのが多分104期生ですが、どんな感じになるのでしょうか。

 

あやなちゃん初主演!「ひかりふる路」新公主要役発表

次の大劇場、雪組公演ロベスピエールの新公主演が発表されました。

 

--------

 

10月5日

雪組 宝塚大劇場東京宝塚劇場公演『ひかりふる路 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜』新人公演一部の配役決定

 

マクシミリアン・ロベスピエール 望海 風斗 / 綾 凰華

マリー=アンヌ 真彩 希帆 / 潤 花

ジョルジュ・ジャック・ダントン 彩風 咲奈 / 叶 ゆうり

カミーユ・デムーラン 沙央 くらま / 永久輝 せあ

サン=ジュスト 朝美 絢 / 諏訪 さき

 

--------

 

 

あやなちゃん初主演!!おめでとうございます!

 

 

組替え時点で既定路線とは思いましたが、実際なってみないと分からない部分があるので(栄転組替えと思いきやビミョーにされた人が過去何人も…)無事主演が決まり良かったです。

星組ではすでに同期のぴーすけくんがグングン上げられてますからね。こうやって逃して貰えるのは良いですね。このへん元の所属組によって待遇が違うような…気のせいでしょうか?

実力派だいもんの役はチャレンジですが頑張ってほしいですね。

それにしても、新公2連続でロベスピエールなんですね(笑)。

 

ヒロインの潤花さんも初ヒロイン。なんと102期生です。来月には100期生が新トップ娘役に就任する時代。どんどん次世代も上がってきますね。

このほか叶ゆうりくんの2番手も注目。さらなるチャンスを広げられるか?

 

また、退団のコマちゃんの役にひとこちゃん、あーさの役に諏訪さきさんが発表。ここまでが番手扱いということでしょうか。ひとこちゃんは新公ラストで最後のお勉強ですね。未発表分では縣くんの役がどこになるかが注目です。

 

 

「不滅の棘」先行画像

ちょっと正念場の宙組3番手・愛ちゃんの東上公演先行画像も登場。

愛様!!!!!

最近個性的な役が続いていますが、本来の持ち味は貴公子系の愛ちゃん。心配せずともバッチリのビジュアルです。初演のオサさんと比べると、妖艶さより骨太さが出ています。

主役のウエイトが高い演目だそうなので、どうやりきるか注目です。

小池先生の本気の本気「ポーの一族」ポスター

花組公演「ポーの一族」ポスターが登場しました。すごいです。

麗しい!! 小池先生の本気!!

いや、本気の本気!!!!

トップとほぼ同格の大きさでアランを持ってくるあたり、宝塚的お約束よりも、とにかくポーの一族をやりたいという情熱が伝わってきます。

そしてトップ娘役のゆきちゃんは、欄外切手。

シーラということは、原作のうち「ポーの一族」がメインになるということなのでしょう。

それにしても、ゆずかれーちゃん。

3番手なのにすごい!と一瞬思いましたが、この公演から2番手なんですね。そこからいきなりこの扱いも凄いです!

キキちゃんはポーのために退かされた感も若干…。キキちゃんだとキャラというか身長的にアランは無理そうですし。仮にキキちゃん2番手だと、また違うエピソードが選ばれたかもしれませんが、そうなるとゆきちゃんがメリーベルにならないと駄目だったりして、それはそれで難しそうです。

この人事がどう波及していくのでしょうか。